行政書士の交通事故損害賠償請求

2013-11-17

怪我の治療が一段落すると、損害賠償額の交渉に入ります。加害者が任意保険に加入していれば、保険会社の担当者と示談交渉することになるのですが、提示された損害賠償額が妥当かどうかを判断できる方は少ないと思います。交通事故業務のプロである担当者と交渉してもよい結果を引き出す事は非常に困難です。

後ほど改めてお話しますが、損害賠償額には3つの基準があります。残念ながら保険会社が提示してくる損害賠償額は3つの基準のなかでも少なく算出されることが多いようです。しかし、被害者は、提示された金額を見ても相場がわからないので「こんなものかな」と思いながら示談書にハンを押してしまっている方が多いのではないでしょうか。当事務所では、そんな被害者に代わって、損害賠償額が妥当かどうか計算し、妥当でなければ法的に妥当な金額を請求する書類を作成する、といった業務を行っているのです。

正当な損害賠償額の請求をしている被害者はまだまだ少なく、ほとんどの方が保険会社の言いなりになってしまっているのが現状です。交通事故の被害者になり精神的に辛い思いをし、更に金銭的に損をしないように正当な請求やアドバイスを行い、少しでも交通事故被害者の負担を減らす業務を行っていきたいと思っています。


Copyright © 2011 あゆみ行政書士事務所 All Rights Reserved.